メインメニュー
芳平ブログ

↑クリック!
今までは仕事の事もプライベートもいっしょくたにしていたので、もうちっとわかりやすく、ブログにはよりプライベート満載でお届けしたいと思います。
最新ブログ
美濃焼 松泉窯 概要
〒509-5202
岐阜県土岐市下石町649
TEL・FAX:0572-57-7429

加藤芳平
プロフィールはこちら

ご意見、ご感想、お問い合わせなど、なんでもどうそ。
info@shousengama.jp

※お返事にはしばらく時間がかかると思います。あしからず・・・。
日本料理 美濃寿司
妻の実家は、土岐市の駅前で「美濃寿司」というお寿司屋さんを営んでおります。僕の器もいくつか使ってくれてます。美濃寿司の最新ニュースもこれから盛り込んでいこうと思います。
↓写真をクリック!


日本料理 美濃寿司
ホームページ
http://minozusi.com/
リンク
■下石陶磁器工業協同組合
http://www.kamamoto.jp/

■日向畑窯 (有)水新製陶所
http://www.mizushin.com/

■知山窯
http://www.chizangama.com/
| RSS |
投稿者: yoshihei 投稿日時: 2013-10-13 14:33:58 (2296 ヒット)

え〜、10月のご挨拶でもお見せしましたが、
おうちカフェシリーズ第一弾の完成です。





モーニングやティータイムに活躍してくれるはずです。
さらにアイテムを増やしていきます。
どうぞ、よろしく!

さて、今朝はグッと涼しくなりましたな。

お神輿ワッショイの秋祭りです。



この時、陶祖の流れを組む「加藤組」で、馬道具を組みます。



昔は組んだものを神社まで運んで拝んでもらって、持ち回りのお宅でご馳走を振舞ったり、一大行事だったけど、今は持ち回りのお宅に飾るだけ。
ちょっと、寂しいかな・・・。

でも、まぁ、晴れ渡った秋空の元、子供たちの元気なワッショイの掛け声と笛や太鼓の音が町のあちこちに鳴り響くと、本格的な秋を実感できます。

町民の絆を結ぶ祭りも大切ですな。

印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
こうして生まれる器たち
↑クリック!
赤の器
赤の器
↑クリック!
独自に開発したオリジナルの赤は、彩やかですがハデではなく、料理を引き立てます。
緑の器
緑の器
↑クリック!
美濃焼伝統の織部とそこからアレンジした緑がやすらぎをあたえてくれます。
白の器
白の器
↑クリック!
白釉薬、粉引き、志野など白といっても様々な白があるのです。
いろいろ
iroiro
↑クリック!
すべての色を盛り込んだ器や器以外の置物などいろいろ。
ご挨拶ムービー集

↑クリック!ご挨拶ムービー集
とっくりとっくん
http://www.tokuzou.net
土岐市下石町は全国有数のとっくりの産地です。裏山地区はせまい道沿いに煙突を立てた窯元が点在しています。その裏山地区を歩いてみると、同じ形をしたあるものを沢山見ることができます。そう!「とっくり とっくん」です。
↓写真をクリック!
美濃焼 松泉窯 加藤芳平 無断転載を禁ず
Theme Designed by OCEAN-NET